PM サバイバル体験記

今回はPM サバイバル体験記です!


エンジニアでも、年齢や経験を重ねていくと、無茶振りでちょいちょいPM(プロジェクトマネージャー)をやらされる事があります。

 

もちろん、私にもそんな時期がありました・・w

 

俺は正直PMの仕事嫌い・・。

 

PMは幅広いスキルを求められるので、経験すると飛躍的に能力が向上しますが、慣れないと地獄なんですw

 

性格にもよるけどな

 

今回は、PMを経験すると目の当たりにする、人の闇であったり、気付きをまとめた私の体験記をご紹介できればと思います!

 

では!いつのものノリで語ります!


 

PMは何をすればいいの?

 

まず、PMがやる事は会社によって定義が大きく異なります。

 

会社によっては、決裁権限まで付与され、コスト面の管理もやる場合があります。

 

しかし、そこまで強い権限を持つPMをやる事は、そんなに多くないと思います。

 

大体求められるのは、立ち上がったプロジェクトを管理・進行してリリースまで持っていく事。

 

そして、1つの目的を達成させる為に、外部の会社・内部のチーム等をうまく繋いで管理する事です。


 

よくあるのは【お客様にこのシステムを導入しよう】とか【こんな製品やサービスを始めよう】みたいなプロジェクト。

 

上記の様な案件を管理して【リリースまで導くぞ!】みたいなミッションが多かったです。


 

最初に発生する問題

 

プロジェクトで大変なのは、何だかんだ言って一番最初なんだと思います。

 

例えば、PMとなり、情報収集をして「こんなサービスを作ろう!」という素案を資料でまとめました。

 

そして、プロジェクトの全メンバーを招集し、まとめた結果をレビューしました。


すると、レビュー後の反応で、私がよく経験したのは以下のケース。大体コミュケーションに関する問題です。

 

PMの仕事に慣れてくると面白いのは、最初のレビューの反応から、チームや会社の文化が見えてくるんです。

 

  • とにかく否定、まずは否定する文化
  • お好きにどうぞ、お任せします
  • 関係者がみんな「?」状態
  • 理想ばかりで具体的な話は無視

 


 

これ、一見良くない状況に見えますが、普通によくある話に思えませんか?

 

というより・・蓋を開けてみれば、所詮こんなもんじゃない?って感じる人もいると思います。

 

利害関係と目線

 

話は変わりますが、この風刺画は皆様ご存じでしょうか?



まとめサイトとかでも、貼る人多いですし有名なので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

「人の視点はそれぞれ違う」「何かをすれば必ず否定される」「どんな事も否定するのは簡単」

 

・・みたいな感じで、この絵って人によって色々な解釈があるんです。

 

私がPMをやったときは、この絵が浮かんでくる事が何度もありましたw

 

例えば「この方針で行こう!」と発言をしたとします。


ここで、全員が心から「そうしよう!素晴らしい!」には、なかなかなりませんよね。

 

ごくあたり前の話ですが、価値観や立場であったり、人によって「目線や利害関係」が違います。

 

ここからは私の勝手な解釈ですが、人は何かを評価するとき、まず自分の経験、自分から見えてる部分だけを参考に考えると思うんです。

 

※目線や価値観の違い



あえて乱暴な言い方をしますと、自分以外の事は他人事なのであまり興味ありません。

 

自分以外の事を、最初から深く考えてくれる人が、たくさんいるような状況は、なかなか無いと思います。

 

これは、誰かが悪いという訳ではなく、私は単純に「人の基本的な考え方」であると、割り切っています。

 


 

でも・・かと言って放置する訳にもいかないのが、この話の厄介なところ。

 

クリアしないと色々問題が出てきます。例えば、自分の場合はこんな人たちが出てきやすかったです。

 

  • 出来ない事を無理やり進めようとする
  • 齟齬が発生してるけど気にしない
  • PMに罵声を浴びせ始める
  • プロジェクトを完全に拒否/放置する

 

この辺で体調不良になる人も結構いた・・

 

どうやって対応していくか?

 

では、プロジェクトの進行を鈍らせる原因が「目線や利害関係」であると仮定します。

 

では、どうすべきなのでしょう?私は考えました。

 

もしかしたら、これって自分以外の事情を理解できてない事が、そもそもの原因では?

 

視点を変えて考えると、気心の知れた仲間や、付き合いの長いチームって、逆にこういう事あんまりなくない?

 

・・とふと思ったんです。

 


 

【余談】問題の解決策を考えるときは、過去記事の「構造化」を応用して考えてみるのがおススメ!

 

良かったらこの記事も読んでネ!

とっても便利な構造化 ~前編~

 

という事は、この部分(自分以外の情報が見えずらい)を整理して全体に伝える事が、解決策になるのでは?と感じました。

 

つまり、各チーム・他社の事情を、簡単にでもいいから【共通認識】として把握できるようにしておけばきっと解決するかも。

 

私はこう思い、これを実践してみたところ・・

 

やはり問題はここでした!


 

共通認識を持つようにするには?

 

私の経験上、このアクションが結構、効果的でした。

 

  • 全体像をイメージする
  • ディスカッション
  • 課題管理
  • 分科会や定例
  • 視覚化(空中戦を避ける)


 

理想に対して、現実的にどこまでが実現可能か?どうやれば実現できるか?の共通認識を全員が持てるようにしておきます。

 

「できるだろう」ではなく「何ができる・こうやるしかない」を最初の段階でハッキリさせる感じです。

 

多くのトラブルは、この部分を理想だけで進めてしまいやすい為、認識齟齬などが発生しやすかったんです。

 

ざっくり進め方の例

 

① まず「誰(チーム・他社)が何をできるか?」を調査。

 

② 大まかに①をどう繋げ合わせば完成するか?全体像をイメージ。

 

今度はこの全体像を視覚化して、認識合わせとディスカッションを行う。

 

④ 誰かが気にいらない点を「課題」として資料化して誰もが見れる場所にアップして共有。

 

※課題管理の例



⑤ 課題は定例会や分科会などを開催し、適切につぶしていく。

 

⑥ 共通認識を持つ為、課題の状況などがちゃんと全体へ伝わるように考える

 

課題管理について

 

「決定」は言い方を変えると「取捨選択」という意味でもあります。

 

何を選択しても、長所と短所が必ず存在します。だからこそ、否定も存在するんです。

 

しかし、肯定/否定を繰り返すだけでは、前に進まないので「決め」を実行しなければいけません。


 

なので、まずは、関係者各位の気に入らない部分を集めましょう。

 

そして、これを文書に残し議論していき、1つ1つ決めを行って潰していきます。

 

こんな感じで、俯瞰的な情報を関係者全員に理解してもらった上で「決め」を行う事で、以下の問題は解消できる様になりました。

 

  • 出来ない事を無理やり進めようとする
  • 齟齬が発生してるけど気にしない
  • PMに罵声を浴びせ始める
  • プロジェクトを完全に拒否/放置する

 

決定事項を覆さない様にするのも重要なポイント!

 

最後に

 

あぁ・・まだ書きたい事いっぱいあるんですが。はやる気持ちを抑えて、今日はここまでにしたいと思います!

 

今回は、利害関係や目線の違いによる、コミュニケーションエラーをテーマに語らせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

詰まるところ今回のテーマも、私がこのブログで何回も紹介している、これに該当する気がするんです。

 

  • 情報不足
  • 慢心
  • 思い込み


過去の記事には書いてますが、再度解説を入れておきますと、歴史上の人物で、負けてしまった人達は、全てこれに当てはまるらしいんです。

 

私の様な者が、人類の壮大な歴史を語るつもりはありません。

 

でも、これを【失敗プロジェクト】として置き換えて考えると、すごく共感できる事が沢山あるんです。


プロジェクトがうまく進まないときって、どこかで【情報不足・慢心・思い込み】が発生している可能性が高いと思います。

 

なので、【情報不足・慢心・思い込み】にピントきたら、1つ1つ潰す作戦を考えましょう!

 

以上、【無茶振りだらけのブラックプロジェクト】のサバイバル日誌でした。

 

この続きはまたどこかで!

 

関連書籍(今回のテーマに近い書籍)

フォロー待ってます!
シェア大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。