とっても便利な構造化 ~前編~

今回は構造化についてのお話しです。


「構造化」って聞いた事ありますでしょうか?

 

SE経験者の方は、ここが特に重要なポイントだと思うので、よくご存じかもしれません。

 

かくいう私も。SEをやっていた時「構造化」の重要さに気付いたんです!(若い頃)

 


 

これは、今でも私が大事にしている考え方で、とっても便利なんで一部紹介してみようと思いました。

 

「構造化」を意識すると、色々な局面で応用が効きます。

 

ではどんなどきに便利なのか?いつものノリで解説していきたいと思います!

 

どんなとき役にたつ?

 

果たしてどんなときに役にやつのか?いくつか例をあげます。

 

・ドキュメントの作成

 

・解りやすく説明したいとき

 

・カオスな話の理解をしたいとき

 

・内容を素早く読解したいとき

 

・問題の整理をするとき

 


 

私は上記の様なとき、できるだけ構造化をして考える様にしてます。

 

構造化ってどういう事?

 

ざっくり言うと、例えば「何かを読んだとき」「誰かの話を聞いたとき」頭の中で自分なりに【ブロック化】して並び変えをするんです。

 

そして「著者の言いたい事」「話している人の背景」「根本的な問題」といった全体像を理解するようにします。

 

ポイントは難しく考えない事、型にはめようとしない事。

 

何でもいいから自分なりの図にして構造化してみるのがコツです。

 

試しに適当なテーマを構造化してみよう

 

例えばこんなテーマ

仕事が辛い・行きたくない

 

これ社畜の人には伝わらないないんじゃない?

 

あくまで例だよ。察してくれ

 

これをまず、なんでそう思うのか?って感じで適当に分解してみます。

 

・朝がすごい辛いんだよ

・残業もなくて給料安いし

・昨日も夜遅かった

・めっちゃ怒られるし

・現場炎上してるし


※社畜の方はこれを根性論でクリアできるので、構造化の必要はありません。

 

分類と因果関係

 

次はこの分解した「なんでそう思うのか?」を構造化してみましょう。

 

理由がつながるものや、類似で重複しているものをブロック化して整理します。

 

何と!こうすると「因果関係」が見えてくるんです!

 

 


因果関係を整理するとこうなります!

 

朝が辛いのは

夜遅い日が多いから

 

残業なくて給与やすいのは

→夜遅い日が多いのに残業代が出てないから

 

普通にしてても怒られるし

→炎上しててみんな追い詰められてるから

 

こうすると「あれ?この話ってブロック化すると【労働条件】と【労働環境】の問題じゃね?」って分類できます。

 

根本的な原因の構造化

 

分類して見出しを付けて考えたとき「仕事が辛い」という原因は「務めている会社」に起因してる事が見えてきました。

 

ここでさらに構造化してみましょう!

 


 

「労働条件」と「労働環境」の2つから「会社が辛い」根本的な問題は「務めている会社」にあるのでは?と構造から気付きました。

 

ここで、根本的な問題の解決方法として「会社に相談」するか「転職を考えるか」みたいに次のアクションを考えていく訳です。

 

推測通り、本当にブラック企業だったら、以下のどれか1つだけ解決しても、再発はするでしょうし、別な問題も発生する事が予想されますよね。

 

・朝がすごい辛いんだよ

・残業もなくて給料安いし

・昨日も夜遅かった

・めっちゃ怒られるし

・現場炎上してるし

 

きっとこの状態では、転職を考えないと、このままずっと悩み続けるでしょう。


これはあくまで例なのですが、この様に構造化をする事で、表面で見えてる部分だけではなく、根本の問題や全体像を理解する事ができるんです。

 

なので、この様に「ブロック化と並び変え」を頭の中でイメージできるようになると

 

・著者の言いたい事

・話している人の背景

・問題の根本的な原因

 

これらを素早く理解できるようになるのでお勧めです!

 

誤解の無いように言っとくけど
転職の仕方を説明してるんじゃないからな!

 

優先順位の構造化

 

上記の続きで「よし退職しよう!」って結論になったとします。

 

今度はゴールが「転職」と定義できています。

 

速攻で辞表を叩きつけても、収入がないと生活できませんし、次の就職先が簡単に決まる保証なんてありません。

 

効率的に目的が達成できるように、今度は優先順位をつけてゴールにいく方法を構造化して考えてみましょう。

 

まず転職するにはどんなアクションが必要かを洗いだします。

・面接・内定
・退職の意思を伝えて
・引継ぎ
・退職届け
・などなどいろいろかな

 

一回洗いだしたら今度はこんな感じで順序を考えてみましょう。


 

当たり前ですけど「内定」もらうには「面接」が必要ですよね。

 

なので転職の順番は「面接」→「内定」の順序になります。

 

こんな感じで「優先順位」や「何をすれば次へ進めるか?」を決めてゴールまでいく順番を決めます。

 


 

これはあくまで例なんで、転職する順序はいちいち構造化しなくても解ると思います。

 

でも、これを「転職」ではなく「プロジェクト」に置き換えてみてください。

 

プロジェクトは「〇〇が〇〇をしたら」→「次が〇〇できるようになる」を定義してスケジュールを作りますよね。

 

こんな感じで「優先順位」や「順番」を考えるのも「構造化」なんです。

 

RPGでフラグがたったら次のストーリーが進むみたいなイメージだな。

 

ドキュメントの構造化

 

結論から先に言うと、ドキュメントの構造化のポイントは、ズバリ「目次」と「見出し」なんです!

 

見出しを目次にすると「これはいったいなんのドキュメントなのか?」という全体像が見えます。

 


 

見出しがあると、2回目以降、読みたい場所をすぐに再確認できますし、読者が迷子になるのを防ぐ事もできます。

 

ポイントしては、全体像があって「見出し」だけ見れば文章全体の概要が解るのが理想です。

 

 

ビルのフロア案内を見て、あーここは「百貨店」なんだな!みたいに、フロア案内だけで「何屋」か理解できるイメージに近い

 

つまり、ドキュメントの見出しや目次も冒頭で話したブロック化なんです。

 

全体像と見出しを上手に定義できている人は、ドキュメントも解りやすく構成されてたりします。

 

言うのは簡単なんですが、これ結構難しいんです・・。かくいう私も、残念ながらまだまだうまく出来てないのが現状です。

 

 


 

最後に

 

一番気になるのは、どうやって身に付ければいいの?って部分ですよね。

 

一番良い方法としては、できるだけ自分の言葉で文章を作り続ける事です。

 

構造化した文章を普段から書いていると、話の聞き方・伝え方も、いつの間にか構造化を意識したやり方に変わります。

 

ホワイトボードで図にして説明するのも良いでしょう。



 

今の時代、文章を作る手段はPCやタブレットなので、誰かが作った文章をそのままコピペできて、とても効率的だと思います。

 

ただ、これを多用すると、だんだん構造化ができなくなり、書いてる本人もよく解らないまま、文章を作ってしまう習慣が付くのでご注意を。

 

この様なクセが付いてしまうと、考える事が面倒になり、思考停止に陥ります。


 

なので、情報源はどこかから引っ張って来たとしても、出来る限り自分の言葉でアウトプットする様にしましょう!

 

思考停止に陥ると、こんな感じの事がたくさん起き始めます!

 


 

 

キャー助けてどらえもーん

 

誰がどらえもんだ(後半に続く!!)

 

フォロー待ってます!
シェア大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。