個人的メモ(ナレッジ)

今日は個人的なナレッジを一部紹介しようと思います!


このタイトルみて「はい?」って思われた方いらっしゃるかもしれませんね・・。

 

このブログではいつも、汎用的に生かせそうなテーマをチョイスして、既に有名な話を、うちなりにアレンジして書いている事が多いんです。

 

でも、今回は、まったくそういった事を無視した・・

 

私が個人的に発見したネタです!


実は、私この業界に結構長くいまして、楽しい体験からクソ体験などなど・・色々な事を経験してます。

 

今回はそんな体験から、この業界を生きぬく為に発見した、個人的なナレッジを紹介しようかなと思い付きました!


今まで、合わない会社もありましたし、合わない人も山ほどいましたので、万能な訳ではありません。

 

それでも、何か皆様のお役に立つかもしれません!

 

それでは今回もいつものノリで行ってみましょう


 

ハマりは翌朝解決する事が多い

 

まずは、地味なところからです。

 

エラーの原因を特定する為に、切り分けで、色々なパターンを試してみてるときありますよね。

 

トライアンドエラーを繰り返して、気が付いたら、5時間経過してたなんてことは、現場の方は、結構あると思います。


 

こんな風に、問題解決に長時間かかる事を【ハマる】って言います。

 

5時間経っても問題が解決しなかったとき、ついつい諦めきれずに更に5時間普通にやってしまう事ってありません?

 

エンジニアをやられてる方って解けない問題があると、ついつい、ずっと考え続けちゃうん方が多いと思うんです。

 

今も治ってない私の悪い癖

 

こういう場合って、更に5時間やっても解けなかったりします。

 

しかし、ここでいったん中断して、翌朝もう1回やると、あら不思議、30分くらいで解決できちゃうときあるんです。

 

この現象って私が思うにですが・・

 

時間もトラブルシューティングをやっていると、先に進みすぎてしまっている事で、最初に戻って考える事を忘れたり・・

 

もしくは、急なエラー対応だとか、情報も少ないとかで、怒ってたり、焦ってたり等、感情が高ぶってる状況かもしれません


しかし、これらを、いったん中断すると、固くなった思考や、高ぶった感情がリセットされるので、すぐに解決する様に、なるのではないでしょうか。

 


 

つまり、ハマりそうなとき大事なポイントはこの辺!

 

  • 感情を乱さない
  • ときには振り出しに戻って一から考えてみる
  • これ本当に技術的な問題なのか?を再考する
  • 中断できる状況なら、どこかで中断する

 

人にもよるだろうけど、感情を乱さないのって簡単そうで結構難しいよね。

 

構造・運・俯瞰的な目線

 

これ別な記事でちょこちょこ話しているネタなんで、前からうちのブログを読まれてる方は、またこのネタ?

 

って思う方もいるかもしれません。

 

しかしながら、この考え方は、問題を解決する為に、すごく重要な考え方なので、何度でも言わせてもらいます!


 

例えば、Aさんがミスをして、これが原因で大きなトラブルに発展したとします。

 

こんなとき、俯瞰的な視点を持てない方は、とにかくAさんを責めるでしょう。

 

更に問題のある方は、罵倒したり、マウントを取って、徹底的に追い詰める手段を取ってきます。


 

これはハッキリ言って、ただの感情的な対応で、根本的な解決にはならない事が殆どです。

 

感情的にではなく、根本的に問題を解決する考え方は・・

 

構造・運・そして俯瞰的な目線なんです!


 

どういう事かといいますと、構造は「仕組み」だと思ってください。

 

「どんな仕組みで」「なぜそれが起きたか?」を構造化して考え、予想不可能な、不確定要素は「運」として捉えます。

 

では例として、Aさんがミスをした原因を、俯瞰的な目線で考え、原因を構造化して考えてみます。

 

まずは、以下の様なツリー構造を、紙やPCのメモ帳で作る習慣を付けると、構造化して状況を整理する練習ができます。

 

例として適当に構造化するぞ。型にはまらず、自分の頭で、自分なりに状況を整理して慣れる事が大事!

Aさんは重大なミスをしてしまった
└ 要因1:今回は繁忙期だった
  └ 性格的に忙しい事を理由にできなかった
    └状況を相談できないと思っているかも

└ 要因2:そもそも間違えやすく複雑な作業になっている
  └ 誰がやっても同じ事が起きる可能性がある
    └改善案を出せる機会がないかも

└考察:普段から間違えが多いのか?
  └ 大きな間違いは特に発生していない
    └じゃあ絶対個人の問題ではないよね。

 

次はここに対策を当てはめてみよう

Aさんは重大なミスをしてしまった
└ 要因1:今回は繁忙期だった
  └ 性格的に忙しい事を理由にできなかった
    └状況を相談できないと思っているかも
 解決案1:忙しいときは断っても良いと伝える
 解決案2:進捗状況を確認しつつ調整してあげよう
         
└ 要因2:そもそも間違えやすく複雑な作業になっている
  └ 誰がやっても同じ事が起きる可能性がある
    └ 改善案を出せる機会がないかも
解決策1:作業を改善する為、みんなで一度話し合おう

 

どうでしょう?こうやって整理すると、Aさんを責めるより、ずっと建設的に問題解決ができる気がしませんか?


 

最後にもう1つ重要な要素、それが「運」です。

 

いくら作戦を練っても、100%うまくいく保証はありません。


起きてしまった事に、無駄な執着をしない為にも、この考え方を持つ事が大事なんです。

 

ではどういう事か?「運」について話す前にまず・・


例えば、2019年を思い出してみて下さい。

 

その頃は、沢山の外国人の旅行客が日本に来て、たくさんお金をおとしていました。

 

更に、翌年の2020年には、オリンピックが控えていましたよね。

 

この最高のチャンスに備え、たくさんの人が、儲かる仕組み(構造化)を考えました。


しかしながら、2020年は新型コロナウイルスが発生しました。

 

そして、東京オリンピックは、結局開催されず、たくさんいた外国人の旅行客も、日本にこれなくなりました。

 

こんな事を予測するなんて、だれができたでしょうか?

 

そうです。これが「運」なんです。


私が言いたいのは、既に起きてしまった事に、執着しても仕方ありません、すぐに次の手を考えよう!という事です。

 

ミスを責められた人は、モチベーションを失います。

 

モチベーションを奪われた人が、成果を出す事はできないんです。

 

つまりこれこそが・・

 

問題が解決しない悪循環の仕組み(構造)だ!


 

お客様が「おこ」になってしまったら

 

炎上してお客様大激怒なんて、IT業界にはホントに多い話です。

 

ですよね?ですよね?

 

いいのか悪いのか、このおかげで、たくさんの「火消しのプロ」の手法を見る機会があったので、色々と勉強になりました。

 

この経験で学んだ火消しノウハウは
今でも役にたっていたりする!

厄介なのは、炎上して不利な状況だとしても、出来る事と出来ない事はちゃんと交渉しなければなりません。

 

相手の要求を、すべて飲めるような状況は、なかなかないと思います。

 

そんな状況下でも、火消しのプロが行う、最初のアクションは大体共通していました。

 

まずお客様に、問題について状況を語ってもらうんです。


この時点では、まぁアグレッシブな発言だとか、キツイいい方してきます。

 

しかし、喋っているうちに、お客様はだんだん冷静になってきて、語気も元通り柔らかくなってくんです。

 

口に出して、言いたい事をしゃべると、すっきりするのでしょう。


 

この空気になってきたら、こちらの事情を話して、交渉開始です。

 

でも、こちらの要望を100%通せる事はあまりないので、「お互いここまでは可能」という妥協案に持ち込む場合が殆どです。

 

方針が決まれば、お客様は一旦安心しますが、それでも警戒しているという点は変わりません。

 

なので、簡単なものでもいいので、課題管理表を作って、対応状況をお互い認識できる様にしておくと更に効果的です。

 

トラブル防止やトラブル対応は、簡単なものでも、課題管理が結構、効果的!今、何がどうなってるかをクリアにする事で、温度感が下がる傾向がある!

 

とにかく交渉するのは、相手の温度を下げてからが基本!

 

・・という事を覚えておこう。

 

給与が安すぎる環境は抜け出せる

 

これは、飲み会とかで、若手によく話していたネタです。

 

これについて、悩んでいる方が多いかもしれないので、いい機会だから書いときます。

 

仕事で色々な経験をしていると、自分に自信が持てる様になってくると思います。


実力が付いて、自分に自信が持てる様になったとき、それに見合った報酬が欲しいと考えるのは、当然の事です。

 

しかし、エンジニアが実力をつけても、会社がお金を払えないケースって結構多いんです。

 

例えば、SESなんか1か月〇〇万円で人を貸し出すビジネスです。


 

その為、会社に入ってくる利益は固定なので、給与をあげればコストがあがる事になります。

 

お客がレンタル料をあげてくれたら、もしかしたらほんの少し給与があがるかもしれません。

 

でも、お客としてもコストを抑えたいから、SESを利用している訳ですよね。

 

こういった例の様に「技術スキル=売上に直結しない=給与が上がりにくい」という枠組みになってる会社は結構多いんです。

 

その為、同じ会社にいても、技術面が評価されにくいので、昇給するのには、とても時間がかかります。


ではどうすれば良いか?

 

実は、この問題、非常に簡単で、解決策としては・・

 

転職が一番の近道なんです。


 

自分に実力が付いたと感じていて、それをレジュメでアピールできるなら、今よりも高い給与がもらえる会社にステップアップできる筈です。

 

そんな人物を探している企業はたくさんあります。

 

自分では絶対入れないと思っていた、大手企業にも入れるかもしれません。


この業界は、転職を繰り返し、スキルアップ&ステップアップをして、高年収をゲットしてる人が結構多いです。

 

年功序列が崩れ、多様な働き方が必要な今、どこの会社も、転職回数とか言ってられなくなってきています。

 

ただ、注意点としてですが、転職はある意味博打に近いと思ってください。

 


仕事してみたら、上司と合わなかったり、入社してみたら、面接で聞いた話と違っていた・・なんて事は普通にありますので、リスクがある事も覚悟しときましょう。

 

当然ですが、年収が高ければ高いほど、期待される事も大きくなり、仕事がキツクなる可能性もあるので、この辺のバランスも考慮しておくのも大事です。

 

とはいえ、リスクを恐れて、機会損失をしてしまうのもよくありません。

 

正しい判断が出来るように、自分のスキルは、常に管理しておく事をお勧めします。

 

最後に

 

今回は、私個人が経験から見つけたナレッジを書いてみたのですが、お役に立ちそうなネタはありましたか?

 

役に立たなかったとしても、楽しく読んでもらえたなら幸いです。

 

今、振り返ってみると「こんな人になりたい!」って目標を立てて、勉強するのが良いって風潮が昔ありましたが・・ (今もあるんですかね?)

 

何も考えず、面白い事を見つけて、ひたすら追求する方が、結果多くの事を覚えられた気がします。


また当時は「常に挑戦を繰り返し、道を開拓して突き進んでいけ!」みたいな話も、よくされてる人もいましたが・・

 

正直、自分の場合は、流れに逆らわず、成り行き任せで生きる様にしたら、人生うまく行くようになりました。

 


挑戦的な姿勢が、私には合っていなかったのでしょうか?

 

もしくは、たまたま成功しちゃった人が、後付けでこんな事を言ってただけ・・だったのでしょうか?

 

ときには、全力を出す事は必要だと思います。

 

でも、ムチで叩かれ、常に全力疾走するのは、やっぱ無理だろ・・って今はすごく思います。


なので「ゆるさ」を持つ事は、生きていく上で非常に重要なポイントなのではないでしょうか!

 

そして退社時間を意識した働き方も重要!


 

関連書籍(今回のテーマに近い書籍)

 

 

 

 

フォロー待ってます!
シェア大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。