【 計画的偶発性理論】は進むキャリアのヒントになる!?

 

今回は【キャリアと計画的偶発性理論】のお話です!


いまって若い人も、それなりの年齢の人も、キャリアに不安を抱えている人多いと聞きました。

 

確かに、いま自分のやっている仕事は、自分に合ってるか?

 

これの正解なんて誰も解らないし、たとえ合っていたとしても、世の中に需要がないと出番がありません。


会社も戦略を変えていかないと、時代に置いて行かれるので、やりたい事、得意な事をずっとやらせてくれる保証なんてありません。

 

更に言えば、最近ニュースから聞こえてくるのも悪い話ばかり。


 

外的要因を知れば知るほど不安要素が多い中、5年先・10年先どうなっていたいのか?・・色々なとこでこんな事ばかり聞かれる。。

 

今回の記事は、こんな想いのある人には、特に面白く感じる話だと思いますので・・

 

ぜひ読んでみてください!


 

計画的偶発性理論とは?

 

計画的偶発性理論とは、スタンフォード大学クランボルツ教授提唱のキャリア理論。

 

文字だけみると、なんだか難しそうに見えますが、全然難しい話ではありません。

 

この部分を覚えておけばOKです!

 

個人のキャリアの約8割は、計画したものではなく「予期していない偶発的なものである」つまり、偶然の出来事が人のキャリアに多大な影響を及ぼしている


 

これをもう少し掘り下げて解説すると、キャリアって、自分の予想していたものとは違う方向に展開しやすく、偶然決まっていくケースが多いんですって。

 

この偶然が1人あたり約8割もあるという意味だ!

 

皆様はどうでしょうか?

 

皆様のいまの仕事は、昔からやりたいと思って始めた仕事でしたか?

 

偶然何かのキッカケがあって、そのまま今もやってる・・みたいな感じだったりしませんか?

 

もちろんずっと夢を抱き続けて、叶えた人もいると思います。

 

でも、そういう人ってかなり少数ではないでしょうか?


 

ちなみに私はこうでした

 

かく言う私も、元々はITエンジニアを目指していた訳ではなく、一番最初は、まったく無関係な料理の仕事をしていたんです。


 

そして料理の仕事をやめて、食材繋がりってだけで、何も考えず青果市場で営業とかやりはじめました。

 

ところがある日、大手スーパーとオンラインでやり取りをするために「システム部」なんてのが新設され、無茶振りでそこに配属されたんですが・・

 

やってみたらすごく楽しかった!


 

私にとって、これがIT業界に入ろうと思ったきっかけだったんです。

 

それまでは、ITのエンジニアになろうなんて、考えた事もなかったのですが「偶然」システム部門に配属された事がキッカケとなり、ずっとこの業界にいます。

※この画像は誇張したイメージです



 

キッカケなんてこんなもんかも?

 

よく飲み屋で、知人にどうして今の仕事してるの?・・なんて事を聞いたりするんですが、最初は目指してなかったんだけどね・・とか、会社に突然やらされて・・。

 

こんな人が結構多かった!というかほとんどの人がこれ!

 

なので、「計画的偶発性理論」って結構的を得ている話なのでは!?・・なんて事を最近では思うんです。


 

成功=偶然?努力?

 

例えば成功事例って、偶然の要素が多い場合もあるのですが、成功者って偶然の要素があったとしても「こうやったからうまくいったんだ!」

 

・・みたいに言う人が殆どだと思います。


実は成功が偶然だったとしても「これは偶然成功したんだ!」って言うと、誰も興味持ちませんから当然です。

 

私が言いたいのは、世の中には「私はこれで成功したんだ!」みたいな美談で溢れかえっていますが、実は意図しない成功であったケースもかなり多いという事。


 

偶然成功したことなのに、ビジネス上「美談」で語られてる、誰かの成功事例をそのまま真に受けてしまうと「俺はどうして出来ないんだ・・」みたいに無駄な挫折をしてしまうかもしれません。

 

でもこのように「成功には偶然の要素も多い」って事を理解しておくと、無駄な挫折も少なくなります!



 

偶発性の引き寄せ

 

ではどうすれば、計画的に偶発性のある成功を、引き寄せられるのでしょうか?

 

偶発性とは言っても待ってるだけではダメで、予期せぬ出来事に出会う確率をあげ、どう柔軟に行動できるかが、チャンスを得るためのカギとなります。

 

計画的偶発性理論によると、以下を意識する事で、偶発性を引き寄せる事ができるとか。

 

  • 好奇心 (Curiosity)
  • 持続性 (Persistence)
  • 柔軟性 (Flexibility)
  • 楽観性 (Optimism)
  • 冒険心 (Risk Taking)


ちょっと面白いと思ったんですが、英語表記だと冒険心はRisk Talking(リスクを取れ!)みたいな表現になるんですねw

 

でもこれって危険覚悟で特攻しろ!・・みたいな話じゃないので注意!


ここで言うリスクとは「不確実性」の方で、不確実でも新しい事を試してみる・・という意味らしいです。

 

好奇心は「知らない仕事をやってみる」柔軟性は「自分の担当範囲から仕事を広げてみる」こんな感じで考えます。

 

この5つの要素を少しずつ意識し、考えて行動する事で、計画的に偶然のチャンスを引き寄せる、これが・・

 

【計画的偶発性理論】の真髄!


 

目標を絞り込まない事

 

ここまでの内容を見ると「目標設定」を否定しているように見えるかもしれませんが、そうではありません。

 

目標は立てるべきですが、目標設定を細かくしてしまうと、固執してしまい、目の前のチャンスを狭めてしまう可能性があります。

 

例えば「絶対に美味しいチャーハンが作れる仕事をする」ではなく「何か美味しいものを作れる仕事をしたい」みたいに、目標を大枠だけ決めておいて、変化に対して柔軟に動けるようにしておきます。


このように、キャリアのゴールをガチガチにせず、柔軟に調整できるようしておくやり方を・・

 

キャリア・ドリフトと言います!


 

最後に

 

過去を振り返ってみると、すごく共感できる事が多かったので、今回このテーマを記事にしました。

 

ありがたい事に、私は経歴で「上流工程~下流工程、営業~技術を全て経験していてスキルの幅が広い」このように評価をいただける事があります。


 

でも私は、平均的にあらゆる事をこなせるような、FFの赤魔導士みたいなポジションを目指していた訳ではありません。

※赤魔導士とは、ある程度までの、攻撃魔法・回復魔法が使えて、剣もそこそこ使えるという、突出した能力はないが、何でも平均的にこなすFFのジョブ


私の経歴は、働いてた環境のニーズや戦略の変化がはげしすぎて、同じポジションをずっとやれるような環境が無かった・・という偶然が生み出した経歴なのです。

 

会社で「自分はこうやりたい!」と宣言しても、ニーズも戦略もどんどん変化していくので、その通りになった事はありませんし、そんな希望通りにいくほどビジネスが甘くない事も理解してます。

 

なので私は、市場・企業戦略の変化に、柔軟に対応できるスペシャリストを目指しています!

 

就活中で同じ考えの人はこのフレーズパクッてもいいぞ!

 

計画的偶発性理論とキャリアのお話はいかがでしたでしょうか。

 

この記事が皆様のキャリアのヒントになると嬉しいです!


 

今回のお話をもっと学びたいという方は


 

もし今回のテーマを本格的に学んでみたいと思ったら、この本がおススメです!


フォロー待ってます!
シェア大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。