HTML・CSS・JSに慣れてみよう

今回はHTML・CSS・JSの実践編です。

 
 
 
と言っても、開発を目指す方が対象ではなく、非エンジニアの方が対象となります。
 
 
今どきはブラウザで開いて利用する様な、Webアプリケーションが結構多いですよね。
 
 
ですので、IT営業の様な、非エンジニアの方が、Web開発エンジニアと商談を進める事も、最近多くなってきた気がします。
 
 
そんな中、Webエンジニアが話す内容に、ついていけるか「不安」という声も多いと聞きました。
 
 
今回は非エンジニアの方が、Webエンジニアの話を、理解しやすくなる為の練習方法を紹介します。
 
 

※MACユーザーの方も、テキストエディットで以下の様に開けば遊べます!

「ファイル」>「新規」と選択して、「フォーマット」>「標準テキストにする」

 
 
 
 

基本となる3つのコード

まず、ここから説明します。WebサイトやWebアプリケーションは、以下3つのコードが基本となっています。

・HTML

・CSS

・JS(javascript)

 

ざっくり言うと、まずHTMLは文字・画像・リンクなど、基礎となる部分を作る為のコードです。

 

CSSは色や大きさやデザインの装飾ができます。更にJSを使うと画像だけではなく、動きのあるWebページを作る事ができます。

 

では1つずつ解説していきます。

 

HTML

 
HTMLとはHyperText Markup Languageの略です。リンクを貼ったり、画像を設置したりできる高性能なテキストデータというべきでしょうか。
 
 
コピペだけでもやってみると理解が深まりますので、まずは、コピペしたコードで遊んでみましょう。
 
 
1. まずメモ帳(テキストエディット)を開いて、これをそのままコピーして貼って下さい
 
<html>
<head>
<meta charset=”utf-8″>
<title>最も簡単なページ</title>
</head>
<body>
<h1>よっしーTECHへようこそ</h1>
<hr>
<p>これはテスト用のWebページです!</p>
<a href=”https://yossy.tech/”>よっしーTECHへのリンク</a>
</body>
</html>
 
 
2. 貼ったら今度は「demo.html」という名前を付けて、保存してみてください
 

 

3. すると、メモ帳がブラウザのアイコンになって保存されます!

 
 

4. このファイルをクリックするとウェブページが開きます。

※Macの場合はブラウザメニューの「ファイル >開く」でこのファイルを開いて下さい。

 

本物のウェブサイトはこの様に、HTMLで作ったファイルをURLの場所に配置し、毎回PCに送信して表示させているイメージです!

 

CSS

CSSはCascading Style Sheetsの略で、今はシーエスエスって呼ぶ人が多いです。

 

CSSは文字の色や画像の色やサイズなど、色々と装飾が出来るんです。

 

先ほどのHTMLを装飾してみましょう。※これもコピペだけなので簡単です。

 

1. まず以下CSSをコピーして下さい↓

<style>
p {
color: red;
font-size: 30px;
font-weight: bold;
}
</style>

 

2.以下の様にコピーしたCSSをHTMLのメモ帳(テキストエディット)に貼ってみてください。

<html>
<head>
<meta charset=”utf-8″>
<title>最も簡単なページ</title>
</head>
<body>
<h1>よっしーTECHへようこそ</h1>
<hr>
<p>これはテスト用のWebページです!</p>
<a href=”https://yossy.tech/”>よっしーTECHへのリンク</a>
<style>
p {  
color: red;  
font-size: 30px;   
font-weight: bold;
}
</style>
</body>
</html>

 

3. 貼ったらHTMLと同じ要領で「demo.html」と名前を付けて、保存します(上書きでもいいです)

 

 

4.ファイルが作成されたら、クリックして開いてみましょう。

※Macの場合はブラウザメニューの「ファイル >開く」でこのファイルを開いて下さい。

 

5.文字が赤くなって、大きくなり、太字になりましたよね。

 
CSSはこのようにHTMLで作ったサイトを装飾していく事ができるんです。
 
 
ちなみにスタイルシートは以下の様に指定してるだけなんで、割と解りやすいんです。
 
p {  →Pで囲まれた部分を
color: red; →赤にしてくれ!
font-size: 30px; →文字サイズは30px!
font-weight: bold; →太字にしてくれ!
}
 
 

JS(Java Script)

 

商談とかいくと、最近みんなJS(ジェーエス)って呼んでる人が多いみたいなんで、あえてこの名前で紹介します。

 

JSはページに動きを出します。

 

かなり色々な事ができるので一言では語れません。

 

ですので、今回はボタンを押すとアラートがでるスクリプトを、HTMLに組み込んで雰囲気を体験しましょう。

※もちろんこれもコピペだけです。

 

1.まずは以下スクリプトをコピーして下さい。

<p>例えばこんな事できます</p>
<input type=”submit” value=”ボタンを押してみる” onClick=”alert(‘よっしーTECHへようこそ!’);”>

 

2.今度は以下の部分にコピーしたスクリプトをHTMLのメモ帳メモ帳(テキストエディット)に貼ってみてください。

<html>
<head>
<meta charset=”utf-8″>
<title>最も簡単なページ</title>
</head>
<body>
<h1>よっしーTECHへようこそ</h1>
<hr>
<p>これはテスト用のWebページです!</p>
<a href=”https://yossy.tech/”>よっしーTECHへのリンク</a>
<style>
p {
color: red;
font-size: 30px;
font-weight: bold;
}
</style>
<p>例えばこんな事できます</p>
<input type=”submit” value=”ボタンを押してみる” onClick=”alert(‘よっしーTECHへようこそ!’);”>
</body>
</html>

 

3. 貼ったらHTMLと同じ要領で「demo.html」と名前を付けて保存します(上書きでもいいです)

 

 
 

4.ファイルが作成されたらクリックして開いてみましょう。

※Macの場合はブラウザメニューの「ファイル >開く」でこのファイルを開いて下さい。

 

 

5.表示されたボタンを早速押してみましょう。

 

 

6.この様にポップアップが出れば成功です。

 

 
JSを使うと、このようにHTMLでは出来ない、動きのある仕組みを可能にします。もっと高度な事はたくさんできますが、まずは雰囲気だけ伝わればと思います。
 

最後に

非エンジニアの方は、コードの説明書きは読み飛ばしたくなると思います。

 

でもHTMLやCSSはシンプルなコードですので、コピペだけでもやってみると、意外と理解できる事に気付きますので是非やってみて下さい!

 

 

実践編だとふざけるのが難しくない?

 
 

今後の課題とさせていただきます

 
フォロー待ってます!
シェア大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。