SaaSとは

今回はSaaSについてのお話です。このお話は前回お話した「ハードウェア・OS・ミドルウェア・アプリケーション」が関連しますので、よろしければこちらも読んでみて下さい。

ハードウェア・OS・ミドルウェア・アプリケーション

SaaSとは「Software as a Service」

SaaSとは「Software as a Service」の略でサーズとかサースとか呼ばれています。(※私はサース派)Softwareとはその名の通りソフト(アプリケーション)を指しています。

そして「〇〇 as a Service」は「インターネット経由で〇〇のサービスを提供しますよ」みたいな意味になりますので、

つまりSaaSとは!PCにソフトウェアをインストールせずに、クラウド上に接続するだけでソフトウェア(アプリケーション)が利用できちゃうサービスなんです!

この絵の様に、SaaSはインフラ~アプリまで全てを提供していますが、利用者にはソフトウェアの部分しか見せてません。

IaaSとかPaaSは、主にエンジニアが利用する事が多いサービスですが、SaaSはソフトウェアになるので、職業関係なく、誰しもが何かしらの形で利用する事が想定されます。

SaaSのメリット

一番大きな利便性としては、ソフトウェアからSaaSにする事で。PCにソフトをインストールしなくてもよくなったので、別なPCやスマホからでも、自分の環境にアクセスが可能となった事です。

なので、スマホとPCを利用する今風の仕事のやり方や、場所を選ばずに仕事ができる様になるので、働き方改革にも相性が良いんです。

また、自社用にシステム開発をしなくても、様々な種類のSaaSを使う事で、開発した業務システムに近い形の事が実現できるので、複数のSaaSを活用して、業務を効率化している企業も多くなりました。

SaaSは営業支援ツールであるセールスフォースが有名ですよね。また、SlackやChatworkの様な、SaaSのチャットツールも多くの企業で使われていますし、メールではGmailが有名ですね。

最後に

最後にSaaSの注意点ですが、SaaSは多くの人がよく使うと思われる、汎用的な利用方法を想定して仕様を決めています。ですので、オリジナリティが強い業務には不向きなんです。

サービス提供者側が、利用者に合わせて仕様を変更する事は基本できませんので、もしお使いただいているSaaSが、業務フローに合わなかった場合、利用者側がSaaSの仕様に運用を合わせる必要がありますので、ここは注意点です!

SaaSのお話は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

 

フォロー待ってます!
シェア大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。