PaaSとは

今回はPaaSについてのお話です。このお話は前回お話した「ハードウェア・OS・ミドルウェア・アプリケーション」が関連しますので、よろしければこちらも読んでみて下さい。

ハードウェア・OS・ミドルウェア・アプリケーション

PaaSが提供する階層

PaaSとは「Platform as a Service」の略でパースと呼ばれています。PaaSは前回の階層の図でいうと

この部分までをサービスとして提供しています

IT界隈でいうPlatformとは「ソフトウェアを動作させるのに必要な環境(動作環境)」という意味で使われます。そして「〇〇 as a Service」は「インターネット経由で〇〇のサービスを提供しますよ」みたいな意味になりますので、

つまりPaaSとは!サーバーにOSがインストールされていて、更にミドルウエアまで導入された環境が、クラウドに接続すればすぐに利用できるサービスなんです。なのでこちらは、プログラマーの様な開発者の方には、嬉しいサービスなんです。

このサービスを利用しない場合は、サーバを用意してOSをインストールして、更にミドルウェアを導入した環境を用意しなければなりませんが、PaaSを利用すれば、プログラムだけをすればよい環境から一気にスタートする事ができるんです。

最後に

代表的なPaaSは、GCP、HEROKU。Azure app Serviceなどが有名どころです。

ちなみに、開発環境が整った状態なので便利ではあるのですが、開発言語やDB(データベース)はPaaSが提供してるものに限られてしまうので、開発環境が選べない点は注意が必要です。

PaaSのお話は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございます!

フォロー待ってます!
シェア大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。