クラウドとは?

今日はこんな話をします!

・まずはクラウドについての認識あわせ

・クラウドのメリットを考えてみましょう

まずはクラウドについての認識合わせ

今回はクラウドサービスを中心としたテーマで認識合わせをしてみましょう。メリットを解りやすくする為に、まずはクラウドがあまり使われてなかった頃と比較してみます。

ソフトウェアは店やネットで購入してきます。そしてPCにCDを入れてインストールします。データのバックアップはCDに焼いたり外付けHDDに保存したりでしたね。メールはOUTLOOKなどメーラーと呼ばれるソフトでやり取りを行い。メールのデータは自分のPCで保管する事が多かったです。まさにパーソナルコンピューターという呼び名にふさわしい使い方!

ではクラウドサービスが主流となった今のやり方で、メールやソフトウェアやバックアップを使った場合はどうなるでしょう?

イメージとしてはこんな感じです!

この絵の環境はPCにソフトウェアを何もインストールしてません。またメールソフトも入れてなければ、外付けハードディスクも接続してません。やっている事はインタネット経由でクラウドサービスに接続しているだけです。

つまり!ハードウェアを購入したり、ソフトウェアをインストールしなくても、インターネットという雲の向こうにあるサービスに接続する事で同様の事が可能になる! そう。これこそがクラウド(クラウドサービス)と思っていただいて問題ありません!

クラウドにする事のメリット

では、クラウドにする事でどんなメリットがでてくるかを考えてみましょう。一番これが大きなメリットではないでしょうか。ソフトウェアをインストールしなくてもよくなったという事は、ハードウェアに依存しない事になります。

つまり!別なPCからでも利用できるし、スマホやタブレットからでも利用ができる事になるんです!これはPCとスマホを武器に仕事をする今の時代にもあっていますし、これによりリモートワークも可能となるので、働き方改革とも相性が良いわけですね。

後は、月額課金での提供が一般的になるので、基本買い切りではありません。なので気に入らなった場合は解約できますし、思いついたら
ネットの手続きだけですぐ始められる事ですかね。これだけではなく、他にも色々メリットはありますし、デメリットもあるのですが、その辺はまた別な機会にお話しできればと思っております。

最後の余談

最後にどうでも良い余談を1つ。クラウドファンディングってあるじゃないですか?
あれ「Cloud」じゃなくて「Crowd(群衆)」の方なんでご注意を・・。

少し長くなりましたが、ご理解いただけましたでしょうか。今回の説明はここまでです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

フォロー待ってます!
シェア大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。