IT業界で使いそうな言葉その5

今回もやってまいりました。IT業界で使いそうな言葉シリーズ第5弾でございます!今回は用語ぽくないけど、実はよく使われている表現方法をチョイスしてみました!

 

 

かく言う私もよく使っていた事実に気付いたぞ!

 
 

あちらを立てればこちらが立たず

例えば、ITで一番解りやすいのは「セキュリティ」と「利便性」です。

 

この様に相反するものがシステムやサービスにはよくあるんです。よく出てくるこれを例に説明します。

 

 

↓これはreCAPTCHAっていうんだぞ!知らない人は覚えておこう!

 
 

 
 

いつも利用しているサイトに、これが出てくると、めっちゃうざくないですか?

 

これが原因で「めんどいから別なとこ見よう」って人が増えると、利用者が減ってしまいそうで心配ですよね。

 

つまり利便性を重視するとセキュリティが低くなり、セキュリティを重視すると利便性が低下しちゃうんです。

 

 

システムには、この様に相反する検討事項が多々あるので、何を重視するか、検討の上決める必要があります。

 

いわゆるトレードオフなんで、時には文句を言われる事があるけど負けちゃダメ!

 

※例えばこんな感じかな

 

マーケ目線:reCAPTCHAなんか入れたらサイトの利用者数減るでしょうが!

 
 

セキュリティ担当目線:事故ってからじゃ遅いんだよ!最初から入れておくべきだ!

 
 

「あちらを立てればこちらがたたず」キタァァァァ

 

運用でカバー

ユーザーが想定している運用イメージと、システムの仕様が合わなかった場合の最後の手段です。

 

運用そのものを変えて利用するか、多少遠回りになるけど、工夫して使う場合を指します。

 

特にクラウドサービスの場合は、どの利用者にも同じ仕様で使ってもらうのが基本なので、クラウドサービスの仕様に運用を合わせなければいけません。

 

そのせいか昨今では昔以上に「運用でカバー」が主流になってる気がするので、もはや最後の手段じゃないかもですね。

 

※運用でカバーする日常

 

:洗濯機の調子が悪いから新しいの買って欲しい!

 
 

夫:運用でカバーしよう

 

エイヤー

「エイ!ヤー!」って勢いのもと、即決して進める事です。

 

経験上、エイヤーは「良いエイヤー」と「やばいエイヤー」の2種類があります。

 

例えば、スピード感を重視して先に「エイヤー」でリリースして、その後バージョンアップで計画的に調整をしていくのは「良いエイヤー」です。

 

「やばいエイヤー」の例としては、何も決まっておらず、何も準備ができていない状態なのに、無条件に「とにかく早くリリースしろ!」と勢いで「エイヤー」が実行されてしまう事です。

 

 

 

これを行うと多くの関係者を疲弊させ、リリースを遅らせてしまうリスクをより加速させます。

 

エイヤーからのデスマーチ

更に「人を増やすから人数分リリース日早めてくれる?」みたいな話になったら危険信号です。

 

特に開発は単純作業ではありませんので、増員したからと言ってすぐにスピードをあげるのは無理で、むしろ逆効果です。

 

どんな優秀な人を雇っても、現場の状況の把握や、引継ぎの時間が必要です。

 

つまり入社したその日から戦力になれる訳ないんです(最低でも2~3か月は見る必要があります)

 

 

結果、現場はOJTという業務が増える事になり、担当者は労働時間がどんどん増えて、体調不良を起こし倒れます。

 

 

一昔前は、技術経験どころか、業界すら未経験な人が即戦力としてむちゃ振りでアサインされる事があったぞ!

 
 
こういうの昔はデスマーチなんて呼ばれてて流行ってましたが、最近はそんなに聞かなくなりましたね。
 
 
※エイヤーな日常
 
 

夫:エイヤーでフェラーリ買ってきたよ!

 
 

妻:とりあえず離婚しましょう

 

決めの問題

方針が複数あるけど、どれを選んでも問題がないときに使います。言うときは以下の様にビシっといいましょう。

 

 

ここの仕様は決めの問題だから、この仕様は〇〇〇でいくからな!異論は認めん!

 

 

「決めの問題」に分類される事項は、ぶっちゃけ議論する必要もないので、その場で判断してガンガン決めていけば、プロジェクトのスピードアップにつながります!

※決めの問題なカップル

 

彼女:ねぇねぇカニチャーハンと五目炒飯どっちがいいかなぁ?

 
 

彼氏:決めの問題だと思うぞ

 

サイレント修正

通常システムやサービスのアップデートをした場合、何らかの形でユーザーに通知を行いますが、通知もせず、こっそり修正する事をいいます。

 

特にネットゲーム業界は、突然ボスが強くなった等々、よく疑いをかけられます。

 

実際サイレント修正を行うベンダーが本当にいるのかは正直謎です。ん?こんな夜更けに誰か来たようだ・・(キャー)

 

※真実はいかに!?

 

ネトゲユーザー:〇〇と〇〇を検証した結果、こうなっていますがアップデート情報に書いていません。これはサイレント修正ではないでしょうか?

 
 

ネトゲベンダー:〇〇と〇〇に不具合を発見したので修正しました。

 

正直ベース

まずは、包み隠さず全てお話して、理解を得ようとするときに使う用語です。

 

この言葉を私は普段めっちゃ使ってる事に気付きました。これまでの人生で、俺はどんだけ理解を得ようとしてきたのだろうか?は・・さておき。

 

例えば私の場合こんな感じで伝えてます。

 

「正直ベースでお話しますと、この部分の仕様はこうなっている為、今回このような事象が発生していたと考えられます」

 

ここからは自分の経験談ですが、いいにくい事を説明しなきゃいけない場合、変に隠さない方がいいです。

 

相手もプロですから、中途半端にごまかそうとすると、見破られてかえって信用を無くします!

 

※正直ベースな日常

 

夫:正直ベースで言うと貯金がもう1万しか残ってない

 
 

妻:とりあえず離婚しましょう

 

人柱

最先端の商品や技術は、当然事例も少なく、何が起きるか解らないというリスクがあるのですが、ありがたい事にそれでもやってくれる企業は数多く存在します。

 

逆に言えばトラブルと解決を繰り返しながら、どこよりも早くノウハウをためる事で、コンサルティングなどのビジネスにつなげています。

 

しかしながら、体力がもたず撤退せざるをえなくなる企業、目測をあやまって倒産してしまう企業もたくさんあります。

 

いま皆様が、当たり前の様に利用しているクラウドサービスなんかも、私が知ってるだけでも、たくさんの犠牲がありました。

 

最先端の技術で、便利なサービスが日々どんどん生まれていますが、その裏で「人柱」になっている人や企業も多いのです。

 

ビジネスとして成功した企業は、事例を出すと「この会社すげーとかこの人すげー」になります。

 

でも成功の背景には、道を開拓して人柱となってしまった人や企業の存在がある事も忘れてはいけません。

 

なんかすごくいい事言ってる気がするぞ!

 

0.5  / 0.5 

これ用語というより「あるある」に近いんですが、IT業界は、仕事量の目安を「1人/月」という表現でよく表します。

 

これは1か月に1人いれば賄える仕事量って意味なんですね。兼務の場合、「仕事A:0.5人/月」+「仕事B:0.5人/月」=合計1人/月という表現を使う場合があります。

 

ただ、実際やってみると、以下の様な結果になるケースが多く、2つの仕事を綺麗にぶった斬るのは、正直難しいです。

 

・「仕事A:1人/月」+「仕事B:1人/月」=合計2人/月となり、仕事が2倍になっただけ

・「仕事Aが1人/月」+「仕事Bが0人/月」=合計1人/月で収まったが片方しかできなかった

 

※これってあり?

 

店長:今日の店番はホール0.5人/日、調理場0.5人/日の兼務で頼むわ

 
 

それはただのワンオペだな

 
フォロー待ってます!
シェア大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。