システムエンジニア(SE)とは?

今回は、色々なITエンジニアポジションのシリーズ第一弾です。

 

ITエンジニアって一言で言っても、結構いろいろなポジションがあるのはご存じでしょうか?

 

ITエンジニアと呼ばれる人たちは、全員同じ事を覚えて、同じ事をしている訳ではありません。

 

できる事も役割も、ポジションによって大きく変わります。今回はその中でも「システムエンジニア」と呼ばれる人たちのお話をしたいと思います。

 

※システムエンジニアってどんな仕事をするんですか?って実際によく聞かれる事も多いので、取り上げてみました。

システムエンジニアってどんな仕事? 

まず、システムエンジニアに必要な基本スキルはこんな感じです。

 

・お客様の業務を理解する力
・ドキュメント能力
・インフラ環境や開発など幅広い知識

 

そして一番メインになるのは「設計」です。

 

お客様とお話をして要求を紐解き、仕様を決めて設計するのがメインです。

 

システム完成後に提出が必要な、システムのマニュアル、仕様書、テスト結果などを作成する場合もあります。

 

また、プログラミングや環境構築の様な直接的な作業は、通常別の担当に仕様書を提出して依頼をしますが、現場がピンチになれば技術スキルを活かして色々と手伝います!

※業務は企業ごとに異なります。

 

つまり、幅広いシステムの知識はもちろんの事、「ドキュメントの作成スキル」であったり「聞く力」「伝える力」「判断力」をとても必要とされるポジションなんです。

 

その為、システムエンジニアの経験者は、解りやすく説明する事や、素早く理解する事ができるので「ヒアリング能力やドキュメントのスキル」が高いんです。

 

さらに言えばトラブルが起きたときの折衝力も身につけているので、何でもできるマルチプレーヤーの方が多かったりします。

 

ここからは少しネガティブな話です

現在は世の中が色々厳しくなり、改善されていると信じてるので、ここから先は昔話だと思って聞いて下さい。

 

システムエンジニアは悪い意味で「何でも屋」に陥りやすい傾向があります。

 

理由として、そのポジションの特性上、客先対応も、現場対応も日々幅広くこなしているので、何でもできる様になっちゃうんです。

 

そして「何でもできる事」を会社側が悪い意味で都合よくとらえてしまう事があります。

 

「何でもできるから、何もかも全部兼務させればいいじゃん」みたいな無茶な方針が生まれ、システムエンジニアにどんどん仕事を兼務させていきます。

 

いつのまにか営業の仕事も追加され、それだけではなく、現場作業もさらに1人で兼務する事となり、担当の案件も人手など一切考慮されず、どんどん増やされていきます。

 

当時はエンジニアを、ただのコストとしか考えていない会社も多かったので、これが一時期、システムエンジニアの過酷な労働を助長する原因にもなっていました。

 

当然ですが、給与もあがりません!

 

 

残業代が多くなると「役職をつけて残業を付かなくして経費削減」みたいな事も普通にあったぞ!

 

 

ただ、こういう風習は、最近あまり聞かなくなりましたので、絶滅してる事を信じてます。

 

無茶ぶり問題

そしてもう1つ、これはだいぶ前に流行った、エンジニアのあるある動画です。

 

海外でも似たような話しあるんだな・・と当時、エンジニア仲間の間で盛り上がってました。

 

私も同じ経験があるのですが、この動画は、チームでムチャぶりを押しつけられてしまうエンジニアの苦悩を描いた作品で、世界中から共感と称賛の声が寄せられまくっていました。

 

※まとめサイト(解説付き)詳しく書いてあるのはコチラです

https://gigazine.net/news/20150127-the-expert/

 

※Youtube動画

 

最後に

システムエンジニアを経験してきた方は、どんなポジションでも活躍できる、幅広いスキルが身についていると思います。

 

また、自分が設計したシステムが世の中で使われている事に、大きな喜びを感じる事が出来る筈です。

 

そして経験した実績は、自分のキャリアとして、転職の時などに、強くアピールしていける材料となりますので、悪い事ばかりではありません。

 

 

 

今回は、実際に起こっていた実情を皆様にお伝えする事で、こんな目に合う人がいなくなるよう、あえてネガティブな一面も書かせていただきました。

 

これからシステムエンジニアを目指す方は、いろいろと調査をして就職先の企業をよく見極めてみてください。

 

 

時には自分の身を守るスキルがITエンジニアには必要だぞ!

 
フォロー待ってます!
シェア大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。