最近増えてる?MVP(Minimum Valuable Product)についての話!

 

今日はMVP(Minimum Valuable Product)のお話です!


 

皆様MVP(Minimum Valuable Product)って言葉、聞いた事ありますか?

 

個人ブログとか見ると、これについて悩んでる人とか、語ってる人が最近多い気がするんですよね。

 

よく見るとMVPって定義もバラバラだし、ネットでも情報が少なそうなので、私も見解を書いてみようと思いました。


 

エンジニアとか非エンジニアとか関係なく、知っておくとどこかで「あっ!これのこと言ってたのか」みたいに思える日がくるかも?

 

なので聞いた事ないよ?って方は、とにかく読んで読んで!


 

MVPって何?

 

MVPとは「製品を提供する上で必要最小限の機能」を指します。

 

「必要最低限の機能」だけまずリリースをして、素早くお客様に提供するやり方は、MVPの考え方に基づいた作戦なのです。

 

リリース後は、お客様のフィードバックをもとにプロダクトの方向性を決め、機能を追加していきます。

 

このやり方は、スタートアップのセオリーとしてよく使われており、アジャイル開発とも相性がよいので、この方法を好む開発の人は非常に多いです。

※アジャイル開発について知らない人はこちらを読んでね!

https://yossy.tech/2021/06/20/agile/

 

要は、最低限の機能をリリースして「お客様と検証して声から学ぶ」考え方だと思っていただければOK!

 

MVPの注意点

 

注意点すべき点は、必要最小限とは言っても、価値の基準を明確に理解していなければ、このやり方は破綻するという事。


 

以下のポンチ絵を見て下さい。例えば乗り物を提供するサービスで、最初に提供されたものが、車輪だけだったらどうですか?

 

これは、移動手段として価値がありません。車輪は最低でもスケボーくらいにならないと、移動手段として利用する事ができないのです。

 


 

MVPとよくある進め方

 

MVPの進め方で、よくある方法としては、ターゲットにするお客様を決める事!

 

なかなか探すのは難しいのですが、アーリーアダプターになってくれる会社がたまにあるんです。

 

アーリーアダプターとは、流行に敏感で、情報収集を自ら行い判断する会社(または人を)をさします。

 


 

要はSNSで言うと、インフルエンサーに近い存在で、よく未完成でも、新製品を率先して導入してくれて、いち早く事例をだしてくれるお客様いません?

 

このようなお客様を、アーリーアダプターとみなして製品を提供します。

 

そして、もらったフィードバックをもとに改修を繰り返し、プロダクトを進化させていくイメージです。


 

アーリーアダプター側も、自社の業務に合わせた改修をしてもらえるメリットがあります。

 

更にうまくいくと、アーリーアダプターが、他社の購買意欲にも影響を与えてくれるかもしれません。

 

ちなみに失敗事例としてよくみかけたんですが、無料で提供すると、正しい評価を得られないと言ってる人、結構多いみたいでした。

 

お金を払ってるからこそ、不満やペインがリアルになるんだとか。


 

MVPのメリットは?

 

ざっくり言うと、リアルな情報をもとに、スピード感とコストを抑えられる事ではないでしょうか。

 

  • 素早く提供を繰り返す事で、チーム全体がニーズを素早く把握する事ができる
  • アジャイル開発と相性がいい
  • 完全な開発からのリリースではないので、開発コストを最小限に抑えられる
  • ニーズが無いと解れば、すぐに撤退できる
  • 無駄な機能の開発がなくなる
  • 早めに市場に投入してうまくいけば、早めに収益化が可能

 


他にも色々メリットはあるのですが、それとは別に、難しいポイントもあるのです。

 

ここからは、私の失敗事例を参考に解説します!


 

MVPと開発案件を炎上させた話

 

ある日、会社からの無茶ぶりで、初めてプロダクトの設計とPMをやる事になったときのお話です。

 

当時、解らない事も多かったが、エンジニアの経験や他の製品を参考に、要求定義書を書いて開発に持っていきました。

 

開発チームとミーティングをしたところ・・

 

開発「君の感覚はズレている、まずこれだけの実装でいい、この機能はいらない・・いらない・・」

 

・・・みたいな感じで、どんどん要求定義書に書いた機能をリジェクトされていきました。

 

開発「まず最低限の機能をリリースして、顧客の様子を見ながら仕様を決めていくのが常識だ」

 

そしてプロジェクトはこのまま進み、最低限の機能だけでリリースされ、営業が売りにいきました。

 

でも、最低限の機能しか実装されていないので、お客様からは機能が足りないみたいな話ばかりされます。

 

そして、とうとう営業の不満が爆発しました。

 

営業担当 全員「売れないのは製品の仕様を考えたお前のせいだ!」→ 私が針のむしろに!?


実は私こんな感じで、営業全員を敵に回して大炎上させた経験があるんですww

 

そもそも、この他責文化はどうなのよ?それ自体がナンセンスだろ・・みたいな話はいったん置いときましょうw

 

MVPとこの話はどう関係があるの?

 

開発は「Minimum Valuable Product(必要最低限な機能を持ったプロダクト)」を新規立ち上げのセオリーとして、尊重していたのだと考えられます。

 

おそらく最低限の機能だけでスピード感を持ってリリースして、そこから状況を見つつ、工数を調整しながら、少しづつプロダクトを進化させたい意図があったのです。


 

一方で、営業はとにかく新製品を使って、新しいビジネスをどんどん展開したかった。

 

でも提案しても提案しても、お客にはまったく響かない。

 

そして、こんなの売れるか!と設計した私に、ヘイトがたまっていったんです。


 

結局この炎上の原因は・・

 

この部分が間違っていた事と、営業と開発で共通認識が取れてなかった事です。

 


 

つまり、ちゃんと顧客のペインを深堀りした、想定が出来ていなかった≒初回の提供価値が正しくない状態でのリリースだった。

 

また最低限の機能でリリースして、フィードバックをもらいながら、進化させるやり方が営業に伝わっておらず、これが完成品だと思いこんでいた事。

 

振り返ると、これがこの炎上の原因だっだと思います。

 

色々経験してきた今だからこそ、これがすごく解る・・。


 

ちなみに、この話はまだ続きがあって、この後、アーリーアダプターが見つかって、大改修を繰り返した結果、状況が一転して、うまくリカバリーができました!

 

ごめん結局いい話!


 

最後に

 

最後に、もう1ステップ先の説明をしたいと思いますが、今回の話で「Minimum Valuable Product」に興味を持った人は読んでください。

 

MVPの他にMinimum Sellable Product(買ってもらえる最低限の機能を持ったプロダクト)という考え方もあるんです。

 

これ略して、通称MSPと呼ばれてるのですが、これを含めてMVPと書いてる人もいれば、別で考えると書いてる人もいたようです。

 

「買ってもらえる」前提で考えないと、市場には出せないから、MVPに含む考え方は正しいと思います。

 

でも、その一方で、こういう話はフィードバックを参考にするんじゃないの?という考え方もありそうですし、含めると本来のメリットであるスピード感も変わる気がするんですよね。

 

ここは、海外のサイトをみても意見が割れてるようなので、私もまだまだ研究が必要かな?・・なんて思っています。

 

ちなみに読者の皆さまは、今回みたいな話好きですか?

 

好きでしたら今後こういうのも書いていきます!


フォロー待ってます!
シェア大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。