最近ちょいちょい出てくる「NFT」って何者?

 

今回はNFTのお話です!


最近メディアなどにちょいちょい「NFT」なんて言うキーワードが出てき始めたのですが、皆様は見た事ありますか?

 

NFTに興味を持っても、検索したら「ブロックチェーン」とか「非代替性トークン」みたいなキーワードがたくさん出てくるので、こんな感じになるかもしれません。


 

NFTをただ知るだけなら、そんな難しく考える必要はないので、いい機会なのでうちの記事をぜひ読んでいって下さい!

 

この手の話は、ある日突然メディアが仕掛けたりするので、その流れで上司が突然話を振ってくるかもしれません!

 

なので先回りして知っておきましょう!


 

NFTって何?

 

NFTとは「Non-Fungible Token」の略で、直訳すると「非活性トークン」なんですが、トークンからだと覚えずらいんですよね・・。

 

なので、こういう意味合いで捉えるのがお勧め!

 

偽造することができないデジタルデータ


 

デジタルデータって、いくらでも複製できるのが良いところですよね?

 

でもその反面、偽造されやすい特徴もあったので、どうしてもアナログデータを超える価値が出ない・・という問題があったのです。

 

そこで改ざんに強い技術を使い、デジタルデータの価値を向上させる。これが・・

 

NFTの目的なのです!


 

データ改ざんが難しい技術

 

ではどうやって改ざんを防ぐのでしょう。ここで出てくるのが・・

 

ブロックチェーンの技術


ブロックチェーンのデータを改ざんをするのは、ほぼ不可能といえるくらい難しいのです。

 

ここで改ざんされにくい仕組みを書くと、話が難しくなるので割愛します。

 

いったんNFTは「ブロックチェーンの改ざんされにくい仕組み」を使って実現させている・・と簡単に覚えておきましょう。


 

ブロックチェーン=お金の技術ではない

 

ちなみに、ブロックチェーンは「お金」を扱うための技術ではありません。

 

お金のデータだけではなく、ブロックチェーンは画像や映像はもちろんの事、あらゆるデータに活用できるのです。

 

更にいうと「文章、画像、映像、音楽」のようなアナログデータは、最近では取り込んでデジタル化ができるので、これもNFT化できます。



 

誤解されやすい部分

 

ちなみによく誤解されやすいこの部分についても解説しておきます。

 

暗号資産は、過去事故が起こって多額のお金が流出してしまったというニュースがありましたよね。覚えていますでしょうか。



これは、暗号資産を取引するためのインフラのセキュリティを破られた・・という話なのでブロックチェーンの仕組みが改ざんされたという話ではありません。

 

銀行で言えば、預金データそのものは改ざんされてないけど、口座情報だけが流出して盗まれちゃった・・みたいな話だと思っていただければ。


 

例えばどんな事に使えるの?

 

一般的によく聞くのは「ゲーム、デジタルアート、トレーディングカード」で最近は「NFTアート」なんて用語もあるようです。

 

その他には、不動産の所有権の証明書などの利用も期待されてますが、法整備も厳しいでしょうから、これが実用されるのはまだまだ先でしょうね。


実は事例がすでにあったりします!

 

ちなみにNFTの事例ってもうあるんですよ。知ってました?

 

例えば、寄付すると香取慎吾のNFTアート(絵)がもらえるとか、SKE48のトレカもNFTであります。

 

ちなみに値上がりしそうなデジタルアートを買っておくみたいな、投機目的での利用方法もあるそうです。

 

アートだけではなくその他にも、以下Tweetの投稿までもが、NFT化されて取引されたらしいです。

 

Twitterの創業者であるジャック・ドーシーの初投稿 →3億円で落札

与沢翼氏の第2子が誕生した時の投稿 →約1041万円で落札

 

・・ここまでくると、もはやぶっとんでると言わざるを得ません。


 

NFTを始めるには?

 

NFTを始めるのは難しいのでしょうか?実は全然そんな事ありません。

 

NFTはマーケットプレイスが存在しているので、そこと契約をしてデータをアップロードするだけで良いのです。

 

国内では以下3社が参入していて、扱えるデータも会社によって違います。

 


 

まだまだβ版だったり、法整備もありどうなるか解りませんが、これがうまくいけば、簡単に自分のアートを世界中に発信できる良いきっかけになりますね!

 

成功を見込んで、手垢が付く前から早めに着手しようとするアーティストの方もいますし、投資家も注目しているようです。


 

最後に

 

私が初めてブロックチェーンを学んでその仕組みを理解したとき、この技術は未来からやってきたのでは?と本気で思いました。

 

これが普及すれば、本当に世の中のインフラは大きく変わるでしょう。

 

ブロックチェーンはこのように本当に素晴らしい技術なんですが、いつのまにか「お金」の技術になり、そして投機目的の技術に話がすり替わっちゃったんです・・。

 

私はNFTが普及する事で、お金ではなく「デジタルデータの価値」を扱う技術として進化してくれたら面白いな・・なんて思ってます。

 

ちなみに過去こんなブロックチェーンの記事を書いていますが、このページはアクセスがダントツで少ないし、簡単に語れてなかったのかな・・(涙)

 

管理者がいらないシステム!?


今回の記事でN興味が出たら読むといいかも!


フォロー待ってます!
シェア大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。