いつか使える?ネットワークの小話

今回はネットワークの小話です!


 

いまどきは、スマホ文化やクラウド化の影響もあり、わざわざネットワーク設定をする機会ってあんまりないですよね。

 

でも・・仕事でネットワーク系の話が何かしら出てくる事って、意外とあったりします。

 

という訳で今日は・・

 

覚えておくと、どこかで役に立つかもしれないネットワークのお話をしようと思います!


 

IPアドレスの有名な表現方法

 

まず初めにですが【IPアドレスは住所のようなもの】こんな感じで覚えている方、多いと思います。

 

IPは同じ番号を割り当てる事ができないので、とても的確な表現だと思います!

 

では、住所で考えたとき、こういうケースは一体どういう考え方になるでしょう?

 

例えばIPで【アクセス制限】をかけられるクラウド上のプロダクトがあったとします。

(つまりインターネット経由)


イメージとしは、アクセスしてきた人のIPを自動で判別して、許可されている人だけを利用可能にする機能です。

 

この機能は例えば、社員の自宅からのアクセスを不可にして、会社からだけアクセス可能にしたいときに、よく使われます。

 

いわゆる一位の識別子ってやつだな

 

では、ここからはストーリーでイメージしてみましょう。

 

別なオフィスからもプロダクトへ接続できるようにしたいので、貴方は管理者に「IPを許可して下さい!」と依頼をかけました。

 

そしたらこんな事を言われました。

 

このIPアドレスの人が利用できる様に許可をお願いします!

 

これローカルIPだから間違ってると思うよ、もう1回確認してもらっていい?

 

え?IPって住所でしょ?ローカルってどういう事?

 


・・って感じの経験をされた方、結構いらっしゃると聞きました。

 

果たして何が間違っていたのか?順を追って説明していきます!

 

ローカルって何ですか?

 

ローカルってそもそも何でしょうか?解りやすく考える為に身近なもので考えてみましょう。

 

例として、家庭用のルーターを使って、PCからインターネットにつなぐ場合をイメージしてみましょう。

 

家のPCからインターネットに接続するときって、ざっくりこんな感じになると思います。

 


家のPCからインターネットの世界へ行くとき【ルーター】を経由するのは、何となくご存じの方も多いと思います。

 

スマホからWIFIルーターで接続する場合も考え方は同じだぞ

 

そもそもローカルIPの【ローカル】とはどの部分を指すのでしょう?

 

これは絵で考えると簡単で【ローカル】とは・・

 

ズバリこの赤枠の中を指します!


例えば父のPCから、母のPCへ画像をファイルを送るとき、わざわざインターネットを経由しなくてもいいですよね。

 

こんな風に、インターネットを使わずに繋がっている、内輪のネットワーク環境を【ローカルエリアネットワーク】と言います。

 

これを英語にして頭文字を取ると・・

 

Local Area Network = (LAN)になる訳です。


ちなみに、インターネットエリアが「外」ローカルエリアが「内」という考え方から【閉じたネットワーク】と表現する場合もあります。

 

ここまでいかがでしょう?ローカルが何を指しているか、ご理解いただけましたでしょうか?

 

ローカルについてご理解できましたら、次のIPの話に進みましょう!

 


 

では本題のローカルIPとは?

 

ローカルで繋がれたネットワークと、インターネットで繋がれたネットワークの2種類がある事はイメージできましたでしょうか。

 

ここの理解が、実は一番重要なポイントです!


実は、IPアドレスって【ローカルで使う用のIP】【インターネットで使う用のIP】の2種類がありまして

 

このローカルで使う用のIPが【ローカルIP】なんです!


 

実は、以下の範囲内ならローカルでのみ自由に使える事が、ネットワークのルールとして決められています。

クラスA : 10.0.0.0 ~ 10.255.255.255
クラスB : 172.16.0.0 ~ 172.31.255.255
クラスC : 192.168.0.0 ~ 192.168.255.255

 

 

クラスとか書いてますが、まずは気にしないでOK。

 

基本どれ使ってもOKですが、大きな規模でなければ、クラスCの範囲を使う事が多いです。

 

例えばクラスCだったら、こんな感じで開始点が0になってる部分は自由に変える事が可能で、最大値として255まで設定できます。

 

例:192.168.0.0 ~ 192.168.255.255の場合

192.168.1.1 とか 192.168.0.10とか。

 

一番簡単な使い方は、こんな感じで末尾だけを変えてIPを採番していく方法。

 

192.168.0.1、192.168.0.2、192.168.0.3 

 

 

※192.168.0.1 ←赤字のゼロになってる部分は変更可能ですが、「セグメント」という知識が必要なので、いったん今回は0を変更しない前提で考えて下さい。

 

絵で説明するとこんなイメージです。絵で見た方が解りやすいと思います。

 

この図は、192.168.0.1~192.168.0.4をローカルエリアで使っています。

 

この様に各PCにローカルIPを割り当てる事で、ローカル内であれば通信ができるようになります。


 

ローカルIPなんて設定した覚えないよ?

 

では、PCやスマホに何も設定した覚えがないのに、ローカルIPが設定されているのはなぜでしょう?

 

IPは固定にする事もできますが、デフォルトは自動でもらう設定になっている事が多いんです。

 

では、誰がローカルのIPを発行してくれるかといいますと・・

 

ルーター君がこんな感じで発行してくれてるんです!(サーバが配布する場合もあります)


 

自分のPCのIPを見てみよう!

 

自分のPCで手を動かしてIPを調べてみると理解が深ります。

 

一応調べ方を書いておきます。この項目は、興味・時間のある方のみやってみて下さい。

 

①Windowsマークと「R」を押して下さい。以下が表示されたら「cmd」と入れます。


 

②コマンドプロンプト(黒い画面)が出たらipconfig /all  と入力します。


③コマンドの結果をみてみましょう

 

ipv4 アドレスと書かれているのが、貴方のPCに割り当てられたローカルのIPアドレスです。

 

そして、DHCPサーバと書かれているのがIPを配布してくれてる、機器のアドレスになります。

 

この情報みると「192.168.0.1」と表示されていますよね。これはうちのルーターのIPなんで「ルータからIPをもらってます」って事がこの情報から解る訳です。


 

ではインターネットへ行くには?

 

ここで話は変わりますが、今度はどうやってインターネットの世界にいってるか?なんですけど。

 

ローカルIPに対して、インターネットで使う為のIPを【グローバルIP】と言います。

 

まず、これを覚えておきましょう。


インターネットへは、プロバイダーからもらった【グローバルIP】を使わないと、アクセスできないので、これをルーターがコントロールしています。

 

つまり、ローカルへの接続は【ローカルIP】を利用、インターネットへの接続は【グローバルIP】を利用する様に、ルーターが橋渡し役となり、コントロールしてくれてるのです。


ここにアクセスしてみると、自分のグローバルIPが見えます。上記の図をイメージしてみながら情報を確認してみてください。

https://rakko.tools/tools/2/

 

結局何が間違っていたのか?

 

ここまでの説明をもとに、この管理者が何を言ってたのか、再度考えてみましょう。

 

※管理者が言っていた事

これローカルIPだから間違ってると思うよ、もう1回確認してもらっていい?

 

解りましたか?答えはこうです。


 

管理者は【ローカルIP】言ってるので、申請者は以下の範囲に該当するIPを申請していたと考えられます。

 

クラスA : 10.0.0.0 ~ 10.255.255.255
クラスB : 172.16.0.0 ~ 172.31.255.255
クラスC : 192.168.0.0 ~ 192.168.255.255

 

ローカルのIPではインターネットの世界と通信ができません。

 

従って、プロダクトにアクセスしてくるのはグローバルIPになるので、こちらをお知らせしなければいけなかったんです。

 

間違っていたポイントを今回の図で表すとこんなイメージになります!


インターネット上で使われてるグローバルIPとローカルIPの範囲を見比べてみましょう

 

「113.154.120.11」はローカルでしょうか?グローバルでしょうか?

 

このIPは以下の範囲にはありませんので「グローバルIP」になります。ローカルIPの範囲に該当しないIPはすべて「グローバルIP」と考えていただいてOKです。

 

クラスA : 10.0.0.0 ~ 10.255.255.255
クラスB : 172.16.0.0 ~ 172.31.255.255
クラスC : 192.168.0.0 ~ 192.168.255.255

 

 

ローカルIPではインターネットの世界にいけません。

 

従って、インターネット経由でアクセスするプロダクトは、グローバルIPからのアクセスしかないと考えらます。

 

従ってアクセス制限に「ローカルIP」で申請がくるのは、間違いである可能性が高いという事になります。

 


 

最後に

 

最近、Google Analytics先生でうちのサイトを解析してみたのですが、以下のカテゴリの記事が、結構読まれているみたいなんですね。

 

  • ITの基礎的な話
  • 炎上系
  • ミルクボーイネタ
  • 簡単なフレームワーク

 

ある意味想定通りですが、解析結果を見ると、AIの話とかブロックチェーンみたいな話は、うちに来る人はあんまり関心がなさそうに見えました。

 


 

こう考えると、IotとかDXとかイケイケなトレンドネタも時には書きたいときがありますが・・

 

うちの場合、そういう話より・・

  • 解りやすい!
  • 現実的!
  • 堅実!
  • 面白い!

 

うちには、こういのが求められている気がしたので、今回はネットワーク系の話にも手をだしてみました。

 

どうですか?内容は伝わりましたでしょうか?

 

今回この記事を書いた事で、数字が出てくる話(IPアドレス)って、楽しくシンプルに話すのがすごく難しいという事に気付きました!

 

IPの数字が出て来たら「そっ閉じ」みたいな気持ちも思い出しました!

 


 

これからも、こんなノリで明日からすぐに使えて・誰もが理解できる、独自の解説方法をまったり追求していきたいと思います!

 

引き続きよっしーTECHのご愛読よろしくおねがいします!

 

 

フォロー待ってます!
シェア大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。