アプリケーション連携で遊んでみよう(前半)

今回はアプリケーション連携についてです。解説から準備・連携まで1回の投稿でやると長くなってしまい、読むほうも疲れてしまうと思うので、今回は2回に分けたいと思います。

この回では概要説明と準備までで、具体的なアプリケーションの連携手順は次回後半に手順だしますんでどうぞお楽しみに!

アプリケーション連携とは?

私が今回のテーマにしてる、アプリケーション連携は、以下の様なシンプルなもので、基本はトリガーとアクションで考えます。

①アプリケーションAで〇〇をやったら(トリガー)

② アプリケーションBで〇〇を行う(アクション)

例えば、これをGooleのサービスである、Gmail(メールサービス)とGoogleDrive(オンラインストレージ)でどんな連携が可能か「トリガー」と「アクション」で考えてみます。


  • アプリケーション連携の例

① Gmailで添付ファイルを受信します(トリガー)

②添付ファイルをGoogleDriveに自動でアップロード(アクション)

 

 


こうする事によって、ダウンロード →手動でGoogleDriveへアップロードする手間が省けます。添付ファイルの管理をGoogleDriveでやってる方は楽になりますよね。もちろん相手先はDropBoxの様な別なサービスで考えても構いません。

アプリケーションを連携させるには?

アプリケーションが異なると、通常の機能だけでは連携ができない場合が多いですが、スクリプトを組めば可能なアプリケーションも一部あります。でも普段やってない人がスクリプトに手出すのはちょっとハードルが高いと思います。そんなときに役立つツールがあるんです。

Zapier

そのツールの名は「Zapier」といいます!これは無料版があるクラウドサービスなので、PCに何かをインストールする必要はありません。しかもGUIだけで操作できるので、非エンジニアでもまったく問題なく利用できます。このツールを利用して、異なるアプリケーション連携の感覚を養うのも良いと思います!

750種類以上のアプリを連携する事が可能で、世界的にメジャーなSNSやGoogleみたいなアプリであれば大体対応してます。利用開始するのも簡単で登録はメールアドレスとパスワードくらいしかありません。

Zapierの準備

ではZapierを利用できる様にしてみましょう。無料なのでご安心を!

Zapierで遊ぶ為に、Google無料アカウント作っとくと良いかもです。

↓Gmailアカウントはこちらから作れます。(一応)
https://www.google.com/intl/ja/gmail/about/

① 以下にアクセスします。例え英語が苦手でも恐れずに進みましょう

https://zapier.com/

②Emailと名前を入れます。

 

③パスワードを決めて入れましょう

 

④仕事での役割を聞かれますが、なんとなく該当するものがなければ「Other」を選択して「Continue」を選びます

 

⑤ここはいったん「Skip」を選択してください

 

⑥最後にこんな感じの画面が出たら完了です!これでZapirの利用が完了となります!

 

前半はここまでとなります!具体的なアプリケーションとの連携は後半にアップします!

 

 

I care about the continuation of this blog.
(続きが気になるわー)

 
 

とうとう、横文字通り超えて英語になったか・・

 

 

フォロー待ってます!
シェア大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。