IaaSとは

今回はIaaSについてのお話です!このお話は前回お話した「ハードウェア・OS・ミドルウェア・アプリケーション」が関連しますので、よろしければこちらも読んでみて下さい。

ハードウェア・OS・ミドルウェア・アプリケーション

IaaSが提供する階層

まずIaaSについてお話しします。イアースなんて感じで呼んでます。 (アイアース)って言ってた人もいらっしゃいますね。

IaaSは前回の階層の図でいうとこの部分までをサービスとして提供しています。

IaaSは「Infrastructure as a Service」

IaaSとは「Infrastructure as a Service」の略で、Infrastructure(通称インフラ) は産業基盤という意味なんです。IT界隈で言う産業基盤は、すなわちサーバーやストレージや ネットワーク機器などの設備や機器を指します。

そして「〇〇 as a Service」は「インターネット経由で〇〇のサービスを提供しますよ」みたいな意味になりますので、

IaaSは!「インフラをインターネット経由で提供しますよ!」って意味なんですね。

インフラってどの部分?

インフラと呼ばれる部分で一番近いのはハードウェアの部分になります。 IaaSが無かった時代は沢山のサーバーやネットワーク機器を購入して,データセンターに設置して、全てのサーバーにOSのインストールをして、インフラ環境を作っていたんです。

※こういった環境をクラウドの反対語でオンプレミスといいます。

サービスによって異なる場合もありますが、IaaSの場合は以下の様な構成が可能です。

・最初にCPUやメモリやHDDやSDD(ストレージ)をどれくらいのスペックで作るかを自由に選択できる

・ファイヤーウォールやロードバランサーも提供されるので、セキュリティやネットワークの負荷分散も可能

・OSもサーバー作成時に選択可能

その他の特徴として、本物のサーバーを購入した場合、発注して届くまでかなりの時間がかかりますが。 IaaSの場合は、スペックを指定したら、契約後すぐにサーバが自動で割り当てられるので、気軽にサーバが利用できます。

クラウド上にサーバの作成が完了したら、後はクラウド環境にリモート接続すればサーバーを 操作して構築や管理ができます。IaaSは通常、管理画面があるので管理画面から電源や ネットワークの構成を管理する事もできるんです。

最後に

ちなみにIaaSで有名なのは、AmazonのEC2、MicrosoftのAZure GoogleのGCEとかです。

エンジニアに検証用でIaaSのサーバーを提供してる会社も結構あるみたいです。環境を提供してもらえると家で勉強したり現場で検証したりできるのでいいですね。

長くなると疲れると思いますので、今回はIaaSだけの話で終わりにします!今回も読んでくれてありがとうございます!

フォロー待ってます!
シェア大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。